自分に対して少なからずとも好意を持っている女性への口説き方

必ず成功する女性の口説き方について話したい。

まず、前提条件として、口説く相手は自分に対して少なからずとも好意を持っている必要がある。

もし仮に、まったく関心が無かったり、全然好意を持っていないようであれば口説くのは難しい。

口説けたとしても結構な技量を必要とするし、労力もかなり掛かる。

好意を持っている相手を口説くのが一番の、モテ男への近道だ。

では、どのようにして自分に対して好意を持っているかどうか見極めることが出来るのか。

それは、とても簡単な話だ。

相手が自分に積極的に話し掛けてくるかどうかだ。

相手の方から全然話し掛けてくることが無いようであるならば、好意を持っている可能性は極めて低い。

少しでも気になる相手であるならば、自分から話し掛けにいこうと思うものである。

で、その好意を持ってもらうというハードルをクリアしたらどうしたらよいか。

笑顔で相手と楽しく話すことだ。

笑顔は大切だ。

少しも楽しそうな素振りを見せなかったり、話に関心がないような印象を相手に与えてしまうと、好意が徐々に無くなっていく可能性がある。

この人は私に興味がないんだ。

話していてもつまらない、退屈だと思っているんだと。

と感じさせてしまうと、醒められてしまう。

なので、相手と話していて楽しいと感じてるというのを、伝える必要がある。

それが笑顔だ。

それを実践していると、相手はこの人とは相性が良いと思ってもらえる。

話が合う、笑いのツボが合う。

このようにとらえて貰える。

そうなると、次のステップはいかにして、ふたりきりで出掛けるように誘うかだ。

これについては、直接でもメール等でも構わない。

どちらでも可だ。

男たるもの、直接面と向かって言わなければとか考えなくていい。

今の時代、メールなどで誘うのは当たり前の行為だ。

誘ってみてオッケーが返ってきたならば、もう相手を手に入れたようなものだ。

ただし、誘った時に強引な誘い方をしてなかったかとか、そこだけは注意してもらいたい。

断り辛くて、来てくれただけの場合だってありうるからだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です