TwitterなどのSNSを使い、見知らぬ人と食事に行くなど普通のこととなった

出会いについて。

今現在、出会い方については多種多様である。

それはインターネットの発達による恩恵であるものが大きい。

いまやネットを使えば、どのようなものでも手に入る。

恋人についてもそう言える。

ネットを使えば、無料で自分と趣味や好みの合う異性と出会うことが可能だ。

インターネットの世界は、趣味趣向がどんどんと細分化されていき、様々なニーズに合わせたサイト、コミュニティが存在する。

それら一つ、一つに、様々な人々がいる。

その中から自分と合う異性を見つけだしていけばいいのだ。

かつては、ネットを介して人と合うことは大変危険であり、なんだか恥ずかしい行為である見方、風潮があった。

しかし、ここまで生活に根付き、ライフラインの一つとなった現代においては、そのような感覚は滅びつつある。

ネットの世界は犯罪と隣り合わせであり、アンダーグラウンドな世界であった2000年前後の時代とは大きく変わった。

TwitterなどのSNS(ソーシャルネットサービス)を使い、見知らぬ人と食事に行くなど普通のこととなった。

誰かこれから、何処何処で食事でもどうですか。

という書き込みを頻繁に見掛けるようになった。

そのようにネットは知らない人同士の距離をグッと縮めた。

これについては、いい面と悪い面があることはあるが、異性を見つけ、恋愛関係を築いていくうえでは、とても便利なことである。

あまり話が得意でなく、喋るのが緊張するようなタイプの人でも、ネットで文章を介してのコミュニケーションならば、緊張することなく本音を口にすることが可能であったりする。

それによって、より本心を伝えることが出来、うまく関係を築いていく場合も多々ある。

ただ、一つ注意しておきたいこととしては、あまりにもネット上と、リアルでのキャラクターのギャップがありすぎると、引かれてしまうということだ。

その点についてだけ、注意していれば、ネットを使用した出会いはいいと考えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です